9月2日満月の惑星たちが魂の設定を思い出すことを助けてくれるとしたら。

9月2日満月222マントラとヤントラで魂の設定を思い出す!の参加申し込みはこちら

個人的にはライオンズゲートよりも面白くない?と思うことがある。

9月2日は満月なのだけど、東京に軸を合わせると、東京で満月を迎えるのは午後2:22なんだよね。ぞろ目を見ると、少しわくわくするので、星の位置を見てみた。ヴェーディック占星術で、都合よくMayumi風に読ませてもらおう。

西洋占星術とはサインがほぼひとつずれているということは先にお知らせしておくね。

なので西洋占星術を見る人にしてみれば、この満月は「魚座」だろ。という。

ヴェーダ的にはこの日の満月は月が水瓶座3室。太陽が獅子座9室。3室というのは感覚的欲望のハウス。これは子供の頃の興味や趣味などにも多いに関係している部屋。水瓶座は「嗅覚」を表しているわけだけど、水瓶座はオリジナリティや個性溢れるサインなわけで、ある意味これから流行るであろうものを嗅ぎ分ける力を持っている。本来、この嗅覚は、真偽を嗅ぎ分ける力でとてもサイキックなもの。だからこそ、子供の頃に楽しんだことをこの満月には思い出してほしい。何があなたの心を満たしていた?何をして遊んでた?この水瓶座満月に、子供頃楽しんだ思いを溶かすようにしてみることをおすすめするよ。

私は、子供の頃、森の中で遊ぶのが好きだった。もっと大きくなると自転車に乗って一人でどこまでも出かけていった。物語を書いたり、ピアノで作曲したりもした。星を見るのが好きだった。その興味の延長線上に今やっていることがあるのはよーーく分かる。子供の頃に夢中になったことに純粋な趣味からのあなただけのオリジナリティが発揮できる可能性がある。2日の2:22という満月の時間からの数字のメッセージも、「自分を信じる」という意味合いが強いけど、既に自分の中にある忘れた興味を思い出すと、そこに底知れない自分を満たす何かがあるのかもしれない。

9室の太陽。満月の頃、太陽はちょうど獅子座の16度あたりにいる。これはムーラトリコーナと言って、かなり安定した西洋的にはナチュラルハウスと呼ばれる位置にあたるけど、ムーラトリコーナは「ナチュラルハウス」より、もっと限定された角度で指定されているので、この場合、さらなる安定を表している。

獅子座の9室には水星が29度あたりにあるから、同じ部屋にぎりぎり在住している感じ。太陽と水星は友好関係にあり、水星は獅子座にいることはとても心地いいので安定感を増している。獅子座は周りとの価値観や違いを熱感覚で感じるサイン。水星がそこでそれを心地よく助けている状態。つまり獅子座の熱感覚を水星の知性とコミュニケーション力が助けているというこるから、ライオンくんの感じている「これ、好き。嫌い。」をはっきり意志表示することがとっても大事だし、何故か自然にそうできてしまうかもしれないね。

月のある位置の意味と繋がるでしょ。

とにかくこの満月は獅子座のムーラトリコーナだけではなく、火星もまた牡羊座3度あたりに入ってるのでばっちり安定のムーラトリコーナ。ここで感じる牡羊座の「自我感覚」は、世界に自分はこういう人ですー!!!と表明していく感じなので、4室という「自分の土地」でそれが発揮できることに繋がる。

ヴェーダ的には「ナチュラルハウス」ではないのが、木星射手座1室。満月を迎えるのは23度を過ぎているので、正確にはムーラトリコーナではない。ただ木星のホームである射手座に在住していることは確か。ということはまたまた安定の座を獲得。自分がどういう人であるのかということが幼い頃の趣味や好き嫌いを表現することによって分かってくる。それは大きな拡張の兆し。何気に「こうしたら、こうなる」ということを射手座の運動感覚によって知る。結果、その自分を外に出していくことができるということが牡羊座の火星で分かる。

また、火星の在住するところから4室目には蟹座の金星がある。かに座という「家庭」にある金星の「富」を火星が守るということをヴェーダ的には意味するので、

子供の頃の趣味を思い出し、楽しんでいると、家庭を豊かにする可能性があるってことだね。

これは世界情勢的にもそうだと思う。今それぞれの国に大事なのは、それぞれの国の良さを生かして自分たちの経済を盛んにしていくこと。他国の貿易や交流よりも、自分たちの国の特徴を生かし、自立していくこと。コロナによる国境封鎖なども、それにある意味一役買ってくれてるね。

この地球だけなんだよね。こうやって違いがあってこその、それを受け入れていく統合というものを体験できるのは。

ワンネスとか統合って、みんなが同じであることじゃなくて、違いを受け入れるってことだからね。

というわけで、子供の頃の自分の夢。魂に近い部分で抱いた夢を思い出していくエネルギーワークをしてみたいと思う。より多くの人にこれを体験してもらいたいので、無料でしますが、ドネーションも歓迎します。ドネーションは毎月のオンラインサロンのクラウドファンディングにプラスさせてもらいますね。

私はハーキマーダイヤモンドをそばに置いたり、エッセンスを飲んだりして眠ると、メッセージ性の強い夢を見ます。なくしたものの在処を夢の中で教えてもらったり、この前はマントラとヤントラがどうして人の潜在意識に効果があるのか、かなり科学的に夢の中で教えてもらったので、使ってみたいと思う。私もニコラスもチベット高僧からサウンドヒーラーとしてトレーニングを受けているので、マントラは日常的に使っているのだけど、科学的に夢の中で教えてもらえたのは感動で、早速それを生かしてみたいと思う。というわけで、今回の一斉ワークはマントラ&ヤントラを。

9月2日満月222マントラとヤントラで魂の設定を思い出す!の参加申し込みはこちら

投稿者: mayumicosmiclight

神奈川県生まれ神奈川県育ち。20代でオーストラリアに移住。 極度の感覚処理障害から精神的な不安定さに悩まされて大人になる。 感覚が全て繋がった状態であるシナスタジア(共感覚)を持つため、学校の勉強は理解できなかったが、大学院でアレゴリーやシンボルについて研究。 博士課程前期終了後、大学の研究員として在籍。 その後、シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育を学び、シュタイナー学校で手仕事やアートを教える。自閉症スペクトラムや感覚過敏の子どもたちと関わる中で様々なことを学び実践。 現在はCosmic Light Pty Ltdディレクター。 ホリスティックアートセラピー、サウンドセラピー、クリスタルセラピーなどを合わせたホリスティックセラピーを用いて生きづらさや感覚過敏の人たちが、12感覚をバランスよく使い360度の空間を使うことで生きやすさを得るための知識を伝える講座や、身体と感覚、ヴェーディック占星術を合わせて用いた講座などを行っている。地球にも身体にも優しいエシカル商品の販売を日本在住のOfficial Shopオーナーたちと提携してプロデュース。書くことを老後に向けて本業としていくことや、循環のある豊かな地球にしていくための提案をこれからも続けたい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。