「許し」ってなんだ?

これは大きなテーマだね。私が今日これから書くことも私の思考のプロセスの一部であって、結果ではない。結果すらプロセスの一部だから、常に流動的に変わっていくもの。

出てきたテーマは「許し」

なんだ、なんだ?私があんたを許すって、何様やねん?(なぜかここの表現は大阪弁が自然です。注意:大阪のDNAはございません(笑)

Photo by Haugenzhays Zhang on Pexels.com

許す側と許される側。なんかおかしい。笑えてくる。

許すとは、本来、自然発生的なものだよね。

これは手放すということとイコールだ。手放しについて、まるまる本1冊。これ役に立つ。

私も何度も読んだ。今日も読んだ。

昨日書いたキネシオロジーについてもデービッドホーキンスという人は精通している。お亡くなりなってるけど。

許すって、やっぱり手放しなんだよね。「それ」が「問題である」という考え方があるから、許す許さないという課題が生じる。主語が「わたし」になるとき、全ての責任は自分になる。全てにおいて、自分がどう受け取るか。

まずは、問題ではない。という観察が必要になるよね。ただそうである。っていうだけのことだから。それ、手放し。

そこで泣いて悲しむも、怒りで震えるも、起こった現象については、何も変わらない。「問題」と「反応している自分」は全く別だ。

反応している自分を許すとか、許さないとか、そんなことではなく、許すことも許さないことも本来ないんだから(笑)時には感情的に対処できないほど辛いこともあるでしょう。我慢できない!みたいなこともあるでしょう。そんな時こそ、許すとか、許さないとかの案件が出てくる。我慢できないなら、ただ我慢できない。それだけよ。許すも許さないも、出してくること自体、必要なし。「あいつーーーー!!!!!わたしは我慢できなーーーーい!!!」ってこと。「あいつーーー。許せない!」はせめてやめてみよう。主語は常に「わたし」よ。

Photo by Pixabay on Pexels.com

そして、感情は「今の反応」であり、明日の朝起きたら違うのだということを肝に言い聞かせよう。「肝」そう、肝臓は怒りを溜める臓器でもあるからね。

人は意外と真面目で、せっかちだ。この瞬間に解決しようとか、結果を出そうとする。出さなきゃいけない結果など、今はない。感情的になっている時こそ、結果は出さない。許す、許さないの案件を持ち出さない。これって、ミニ判決の連続。「間違ってる」「正しい」「おかしい」「普通」

結局、それを決めたいから、許す許さないの話になる。面倒なのは、許す方が優越感を感じるようになること。私が「許してやった」。私が「上」なのね。何様やねん?

許すものも、許さないものもない。

結局「わたし」がどんな人でありたいのか、という冷静な気持ちを取り戻すまでは、そのミニ判決は延期したほうがいいんだよ。

フォーカスは完全に冷静な自分を取り戻すこと。全てのフォーカスを「わたし」に戻すこと。

どうやって?

呼吸。それ、間違いない。

あなたの呼吸が整ったからって、確かに不機嫌な旦那が変わるわけはないさ。

でも、あなたの見方は確実に変わる。冷静な自分を取り戻したら、問題を解決に導いていくのではなく、あなたは、どんな自分でありたいのか、設定しなおす時だ。

そして、そんな自分になるためにワークを重ねる。

すると、自然に「問題は問題ではなくなっている」。あなたがあなたに集中しているうちにね。なりたい自分になることに集中しているうちにね。

手放しとは、「ミニ判決」をしないこと。「今」敢えてしないこと。

人は他人を変えることはできない。本人が決めない限り。

思春期の子供にあーだこーだ言っても無駄なように、本人が「イケてる」と思うものに、人は感化され、真似るもの。

だから、あなたが、あなたなりのイケてる人になり、その存在が自然に人を変えていくだけ。あくまでもイケてるイケてないは、その人の美意識だ。

その美意識こそが本当のスピリチュアリティであーーーーる。

許さなきゃいけないものなんて、なにひとつない。

ただ、そうである。

冷静さを取り戻すことが先。観察の目線が先。

そのために、日々の静寂。瞑想と呼吸に任せる。それこそが本当の手放しだろうね。

間違っている人はいない。あなた目線の「イケてねーな」ってだけでしょ。

あなたがイケてる人になってね。そうしたら、バイブレーションの合う人はあなたをイケてると思ってくれる。それだけよ。

許す、許さないをあなたのボキャブラリーから消しましょ。

投稿者: mayumicosmiclight

神奈川県生まれ神奈川県育ち。20代でオーストラリアに移住。 極度の感覚処理障害から精神的な不安定さに悩まされて大人になる。 感覚が全て繋がった状態であるシナスタジア(共感覚)を持つため、学校の勉強は理解できなかったが、大学院でアレゴリーやシンボルについて研究。 博士課程前期終了後、大学の研究員として在籍。 その後、シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育を学び、シュタイナー学校で手仕事やアートを教える。自閉症スペクトラムや感覚過敏の子どもたちと関わる中で様々なことを学び実践。 現在はCosmic Light Pty Ltdディレクター。 ホリスティックアートセラピー、サウンドセラピー、クリスタルセラピーなどを合わせたホリスティックセラピーを用いて生きづらさや感覚過敏の人たちが、12感覚をバランスよく使い360度の空間を使うことで生きやすさを得るための知識を伝える講座や、身体と感覚、ヴェーディック占星術を合わせて用いた講座などを行っている。地球にも身体にも優しいエシカル商品の販売を日本在住のOfficial Shopオーナーたちと提携してプロデュース。書くことを老後に向けて本業としていくことや、循環のある豊かな地球にしていくための提案をこれからも続けたい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。