新しい習慣をつくるから古い習慣を手放せる

「わらしべ長者WS」というダサい名前のワークショップでは特に新しいことを提案したわけではないのだけど、小さなものから増やしていく方法やイマジネーションを高めていく方法をお伝えして皆でやってみた。

とにかく、お金を貯めるのではなく、お金は増やしていくものである。という話をした。お金には増える習性、減る習性がある。それを上手く利用すること。お金を貯めようと思うと、貯まらない。

Photo by John Guccione http://www.advergroup.com on Pexels.com

とにかく、行動。やってみること。

そのためには時には余計な思考が入る前に決めて行動しないといけない。

そして続けることが習慣となり、人生を変えるのだけど、習慣をどう変えるか、と言えば、

どこ?

何時?

何?

の3つを必ず書いて決める。

小さなことでも。

例えば

リビングで

8時に

腹筋をする。

Photo by Li Sun on Pexels.com

そうやって、書いて、決める。そしてやる。毎日。

やらなかったら?今と同じだから。そこイマジネーション。

それから、全ての生活習慣をより良いものにしていき、無駄がないように動いていく。(一日の中で敢えて無駄と思えるような時間も設けることで可能性も広がるのだけど)

生活習慣向上のために、生産性よくするのに、もうひとつお勧めなのは、

何かをセットにしてする習慣をつけること。

例えば

植木に水をあげる。という習慣があるなら、+家の換気をする。

お皿を洗う + 冷蔵庫の整理

お風呂に入る + 一か所キレイに掃除する

歯磨きをする + 鏡を磨く

など何でもいいんだけど、ひとつ何かさくっとできることを「やる」という組み合わせを作って決める。絶対忘れるので書く。書くことで覚えるし。

わたしの仕事量は多分、他人から見ると半端ない。よく聞かれる。「いつ寝てるの?」って。寝るよ。ちゃんと。

私にとって一日のうち無駄にする時間を敢えて設けることもするようにしているけど、基本的に私は時間をテトリスのように使うのが得意。そして決めたことは絶対やる。

まさに土星支配の山羊座のストイックさ。

とにかく、どんな組み合わせでものごとを機能的にできるか考えてみて。

そして何か先伸ばしにしていることがあれば、

場所、時間、何

の3つを決めてやってみてね。

投稿者: mayumicosmiclight

神奈川県生まれ神奈川県育ち。20代でオーストラリアに移住。 極度の感覚処理障害から精神的な不安定さに悩まされて大人になる。 感覚が全て繋がった状態であるシナスタジア(共感覚)を持つため、学校の勉強は理解できなかったが、大学院でアレゴリーやシンボルについて研究。 博士課程前期終了後、大学の研究員として在籍。 その後、シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育を学び、シュタイナー学校で手仕事やアートを教える。自閉症スペクトラムや感覚過敏の子どもたちと関わる中で様々なことを学び実践。 現在はCosmic Light Pty Ltdディレクター。 ホリスティックアートセラピー、サウンドセラピー、クリスタルセラピーなどを合わせたホリスティックセラピーを用いて生きづらさや感覚過敏の人たちが、12感覚をバランスよく使い360度の空間を使うことで生きやすさを得るための知識を伝える講座や、身体と感覚、ヴェーディック占星術を合わせて用いた講座などを行っている。地球にも身体にも優しいエシカル商品の販売を日本在住のOfficial Shopオーナーたちと提携してプロデュース。書くことを老後に向けて本業としていくことや、循環のある豊かな地球にしていくための提案をこれからも続けたい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。