言語って表現だから

英語ってどうやったら話せるようになりますか。

という質問をよく受けるけど、

言語って、表現したいことがなければ上達しない。

だから、どんな言語であろうと、あなたが何を表現したいのかを見つけるほうが先かな。

昔、昔のその昔、英会話学校の先生をしていたことがあって、

テキストがめちゃくちゃつまらなかったのね。

駅までどうやって行ったらいいかとか、

これはいくら?とか

もっと小さいサイズありますか?

とか。

上達しないから、そんなのばかり。ぐるぐる。

Photo by Mitchell Luo on Pexels.com メルボルンシティ

そして日常的にそんな英語使わないじゃない?

日本にいるんだもん。たった一年に一回、海外に行くときだけの英会話はなかなか上達しないよ。

しかも、今は翻訳アプリもあるし、Googleマップが行先も教えてくれる。

昔みたいに、Excuse me… How can I get to….?なんて聞く場面もほぼないだろうね。

コロナで海外旅行はお預けだし。

その割に、「世界のパワースポットに行きたい」という日本人も多いし、

相変わらず、セドナ、セドナの大人気。(オーストラリアもパワフルなボルテックスあるよ)

日本人の海外旅行って、結局英語ができないから、メジャーなところに行って観光客に紛れて終わらない?

本来の旅は、自分と価値観の似た人との現地での出会いや、ローカルから聞く面白話。リアルな体験だよね。

日本人は常に「恥ずかしくないように」「正しく」と日本の国の常識で振る舞うので、余計に恥ずかしい。日本の常識を海外に持って出るほうがずっと違和感だよ。

店で話しかけられて、モジモジするのなんかも、欧米的には失礼な感じ。

ところ変わればなんだよね。

もし、あなたに本当に伝えたいことがあったら、本当は言語は表現だから、話せるようになると思うんだな。

私のブログを読んでくれる人たちは、スピリチュアルとかホリスティックなことに興味があると思うんだけど、

スピリチュアル用語とか、心の内側とか、感情についての言葉って英語で知らない人が多いのね。

いまだに中学、高校の時に習った使えない単語だけ。

普通に英会話教室に行っても習えない表現がたくさんある。

なので、7名だけなのだけど、チャクラマインドセットジャーナルという469ページの洋書を使って、チャクラについてのワークを英語を習いながら行います。

明日の夜、募集しますね。

使うのはこちら。かなり中身の充実した実践的なもので、この中に書かれた英語を解説しながら、自分でチャクラワークをしていくものです。一人一冊送られます。

いきなり全て英語でするレッスンは難しいので、日本語でちゃんと解説しますから、英語に苦手意識がある人も安心。

普通の英会話教室よりずっと安価で中身の濃い内容。しかも、この本、ほんとに使えます。全部書き終わる頃には、かなりの変容を期待したいところ。

11月から木曜日の夜2時間ずつ。計14回です。年末年始はお休みを入れます。Zoom開催予定。

実は今日募集要項書き終わったのに、何を間違ったのか、消してしまったという最善。

明日がいいよってことでしょうね。

投稿者: mayumicosmiclight

地球人の體を魂の乗り物として選んだこの次元では日本の神奈川県生まれ。人生の半分をオーストラリアで過ごしてきた。生きにくさ不快指数120%で幼少期を過ごし、幼い頃から人には見えない何かを見たり、宇宙人と遭遇したり。宇宙船の中に連れていかれる鮮明な夢を繰り返し見て、宇宙船の夢の中で興味深いことをたくさん学ぶ。大学院でヨーロッパ中世のアレゴリーやシンボルについて研究。目には見えないシンボルや別のストーリーを読み解く専門家。シナスタジアという特殊感覚を持つ。シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育にも従事する。現在はオーストラリアの南の森の中でコスミックライトセラピーⓇを設立し、クリスタル、色、音、などの波動を使い人間の自然治癒力を最大限に生かすセラピーをオーストラリア人のパートナーと共にしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。