魂の繋がりを大事にする

魂の繋がり。それは、相手の成長を見守ること。

結果はすぐに出ない。それが魂レベルでの成長。

今すぐ何かしてほしい、こうなってほしい。そう思うなら、それはエゴであり、便宜上の望みということになる。

子どもに宿題をしてもらいたいと思う。子供に片付けをしてもらいたいと思う。

旦那に家事を手伝ってもらいたいと思う。対象は誰でもいい。

それは自分の便宜上とか体裁でしょ。「子供の将来のため」って、それは社会に適応するための訓練でしょう。

そればかり気にしていると、がっつり子供は教えてくれるよね。

不登校とかで。

Photo by Gustavo Fring on Pexels.com

何度も言うけど、子供に関しては子供に美意識を高める環境を与えることだ。整った環境で暮らしてきた子供は、大人になったら、キレイな環境を心地よいと思う。(そこに辿り着くまでに親と全く反対のことをすることもあるけどね 笑)

美意識が高ければ、その人なりの善悪を美か醜かで判断する。美意識は、環境によって育てられるもの。押し付ける知性とは全く異なるもの。

魂的に豊かに育てたかったら、物質的な美より(それもあっていい)自然界の美しさに触れさせることだ。

旦那や親や兄弟の美意識なんて変えられるものではないと思うかもしれないけど、確かにプロセスはゆっくりでも、人間の性質として、いつでもキレイなところを汚そうとは思わない。

お寺にゴミを捨てて行こうとは思わないようにね。

片付けや掃除も、精神的に自分を高めるための素晴らしいチャンスだと思えたら最高だね。私は忙しいとそう思えないこともあるけど、なるべく自分のできる範囲で掃除をするのはやっぱり好きだ。

「片付けなさいよ!!!!」と言うのは簡単だ。まぁ私も一応言う。でも実は大した期待はしていない。

状態に触発される自発的な「やる気」には反発もなく平和だ。

その代わり、すぐに結果は出ない。

変わらなくてもいい。変わることを期待して、何かをするのではれば、それもまたエゴだ。変わっても変わらなくても、自分の世界を自分で創る意識。

自分の世界に自分で責任を持つ。

それでも一緒にいたい存在。それこそ魂の繋がりだね。

結果はすぐ出ない。結果を出そうとするから苦しくなるんだよ。

来世まで見守る余裕だね。

Photo by lalesh aldarwish on Pexels.com

投稿者: mayumicosmiclight

地球人の體を魂の乗り物として選んだこの次元では日本の神奈川県生まれ。人生の半分をオーストラリアで過ごしてきた。生きにくさ不快指数120%で幼少期を過ごし、幼い頃から人には見えない何かを見たり、宇宙人と遭遇したり。宇宙船の中に連れていかれる鮮明な夢を繰り返し見て、宇宙船の夢の中で興味深いことをたくさん学ぶ。大学院でヨーロッパ中世のアレゴリーやシンボルについて研究。目には見えないシンボルや別のストーリーを読み解く専門家。シナスタジアという特殊感覚を持つ。シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育にも従事する。現在はオーストラリアの南の森の中でコスミックライトセラピーⓇを設立し、クリスタル、色、音、などの波動を使い人間の自然治癒力を最大限に生かすセラピーをオーストラリア人のパートナーと共にしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。