分析をしないことの叡知

人類共通の疑問。「自分は誰なのだろうか。」ということ。人が亡くなると、明らかにさっきまであった何かがなくなることを知っている。そして多くの文化で魂ということを信じた。宗教が生まれた。

人間の知恵とは、この魂の探求にあるのかもしれない。分析はそこから始まるのかもしれない。

だけれども、それだけではない。

通常社会人として生きていると、暮らしの中で、

「なぜ、この人はこんなことをするのだろう?」

「いったい、この人は何を考えているのだろう?」

「これは、こういうことだろうか。」という終わらぬ分析をし続ける。

それは概念的思考と呼ばれる定義の連続、ジャッジの連続の再生となる。

自分の中で作り上げる「コンセプト」。

コンセプトの中に「知識」はあっても、

叡知はない。叡知は、知識ではないからだ。

知識は誰かのものだ。誰かが言ったことだ。

叡知はゼロポイント。知識すら一度取り入れて、溶けて自分のものではなくなったような状態。

空間の中に溶けて、その空間では、自分の知識と先人たちの知識と、全てのものが惜しげなくある。

私の朝のYoutube配信はそこを目指している。だから、準備はしない。調べない。

ゼロの状態から出てくる言葉を繋げる。

自分の知識で話すことをどんどん手放していきたいのだ。

例えそれが知識から派生したものだとしても、知識である必要はない。

人は分析をしたり、知識から話すから、自分と違うコンセプトを持っている人を責めたくなる。許せなくなる。それが全ての戦争の原因だ。

Photo by Pixabay on Pexels.com

自分の肩書。

名前。

立場。

環境。

家族。

性別。

経験。

計画。

アイデンティティ。

時間。

サイエンス。

それら全てを一瞬でも手放してみる。エゴやプライドで口を開かないように。

ただ空間に溶け込んでみる。

ものに名前もなく、概念もない。

そんな風に周りの出来事を眺めるとき、気付かなかったことに気付くだろう。

自分が悩んでいること、考えていることに何の意味もないことを思い出すだろう。

人が何かを妄信している時、何かを強く信じている時、正しさを見出している時、それを「無知」と呼ぶ。

ただ受け入れている状態を無知と呼ぶ。

反発している状態を無知と呼ぶ。

受け入れることもせず、反発することもない状態。

ただ「在る」だけの状態。それが叡知。

だけれども、そこには知識と人生経験の両方あってこそなのだ。

無知でもなく、

知識だけでもない。

思考が重い状態。それはジャッジの連続だということを知ろう。

知らなくてもいい状態を

自分が誰なのか知らなくてもいい状態を

何故その人がそれをしているのか知らなくてもいい状態を

何故自分がこんな目にあっているのかを知らなくてもいい状態を

ただそこに居られるように。

そういう自分で居ることができるように。

やっぱりスピリチュアルに生きることって、一日で成せるものじゃないんだね。

投稿者: mayumicosmiclight

地球人の體を魂の乗り物として選んだこの次元では日本の神奈川県生まれ。人生の半分をオーストラリアで過ごしてきた。生きにくさ不快指数120%で幼少期を過ごし、幼い頃から人には見えない何かを見たり、宇宙人と遭遇したり。宇宙船の中に連れていかれる鮮明な夢を繰り返し見て、宇宙船の夢の中で興味深いことをたくさん学ぶ。大学院でヨーロッパ中世のアレゴリーやシンボルについて研究。目には見えないシンボルや別のストーリーを読み解く専門家。シナスタジアという特殊感覚を持つ。シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育にも従事する。現在はオーストラリアの南の森の中でコスミックライトセラピーⓇを設立し、クリスタル、色、音、などの波動を使い人間の自然治癒力を最大限に生かすセラピーをオーストラリア人のパートナーと共にしている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。