自我と自我感覚と地球の進化

person walking on road between trees

生まれたての赤ちゃんの意識はどこにあるのでしょう?今ここにある世界ではない別の世界にいるような印象すら赤ちゃんは与えます。何かを意図的に見ることもなくそこにいるとでも言いますか。何かに生かされている存在そのものとでも言いますか。

赤ちゃんの世界は隔たりがなく、一言で言えば、「わたし」という感覚を持っていません。

「わたし」という感覚は、動物界にはありません。直立することができる人間としての資質だからです。そして人間は「創造」することができます。動物には意図的な創造はできません。動物は生存していますが、創造はしていません。

「わたし」という感覚は愛や慈悲の心に繋がり身体の中位と関わるため、人間としての調和とバランスとなります。

lonely man in middle of snowy valley
Photo by Amir Esrafili

「わたし」という感覚は身体にあります。

ですが、スピリットは「わたし」に宿ります。

よって「わたし」は永遠の意識でもありますが「わたし」の本質は靄がかかったようなハッキリした状態で認識することはなかなかできません。

「わたし」に繋がるためには3つのクオリティを理解する必要があります。

その3つとは Thinking, Feeling, Willingです。そして12感覚を整えていくことです。

「わたし」を感じる感覚は「自我感覚」と言い、

「わたしはわたしであること」を自我と言います。

人間は死ぬ時、肉体とエーテル体に宿っていたものを全て手放します。死ぬ時に持って行くものは、自我とアストラル体です。自我とアストラル体は肉体とエーテル体で経験したことを持って行きます。

人間がもし、アストラル体だけを持っていたら物事を忘れ続けます。なぜなら、自我が過去をもたらし、人間に現在を与えるからです。自我があるから、自分に必要な情報を記憶し、意味をもたせることもできるのです。そして自我があるから、理想や願望を持ち、目標に向かって努力をしたり、学んだりすることができるということも事実です。そのように、自我は、肉体、エーテル体、アストラル体に働きかけ、それらを整えていく力を持つとされます。

肉体に働きかけるエーテルの「知」。

アストラルという「感情」。

肉体、エーテル体、アストラルをバランスよく統合した上で生じてくる自我という「意」。

これらを持って自我が感性します。人智学では、自我によって変革されたアストラル体を感覚魂と呼びます。そして変革されたエーテル体を悟性魂と呼び、変革された肉体を意識魂と呼びます。

自我を人間が獲得したのは人智学の宇宙論的には地球紀になってからです。

なんだ?地球紀?
という感じかもしれませんが、一つの断面として見ることができる意識状態の進化の話です。(ヴェーディック占星術のダシャーと混乱しませんように。全然違う話です)

blue and white sky with stars
Photo by Rafael Cerqueira

土星紀-鉱物(昏睡)―肉体形成 

太陽紀-植物(睡眠)―エーテル体形成

月紀―動物(夢)―アストラル体形成

地球紀―対象意識(覚醒)-自我

木星紀―心魂的意識(自覚した夢)-霊我

金星紀―霊感的意識(自覚した睡眠)-生命霊

ヴァルカン紀-霊的意識、直観(自覚した昏睡)―霊人

という宇宙進化論の中での地球自身の転生の話です。地球という惑星そのものも生命体なので、転生しているのです。それを元にすると、今の地球は、地球紀の鉱物界周期の中にあり、別の言い方ではポストアトランティス時代にいます。(レムリアとアトランティスの話はまた別の機会にまとめてみたいと思います。)

自我を得たのは地球紀に入ってからですが、

自我感覚を得たのは土星紀だと言われます。

「わたし」を感じる自我感覚とは、まるで光や色を知覚するように他者の自我を知覚する感覚です。相手の中に肉体以上の存在を見出す感覚であり、相手の目を見ていると感じる感覚です。

私たち人間は、この地球紀で自我を完成させることを目指しています。

私が私であることの「わたし」を知ろうとするのです。だからこそ、人はタイトルや肩書などを欲しがります。

ですが、本当の「わたし」には名前をつけることはできません。名前をつけることで、わたしを知ることに対して怠惰になるのです。

不完全な自我とは、自分の脳組織を正しく形成できなくなり、思考力そのものが失われていくことであるとシュタイナーも言っています。

正に、目に見えないものをスピリチュアルと呼び、その目に見えないものを材料にラベルを付けて、考えることをせず、盲目的に信じてしまったものが「偽のスピリチュアル」とも言えます。

本当の「わたし」の形成、自我の形成は、

①「霊」としての輪廻転生

②「魂」としてのカルマ

③「肉体」の遺伝

の3つの宇宙の秩序の上に成り立ちます。

つまり、分かりやすく言えば、ボディ、マインド、スピリットの全てを向上させる必要があり、真の自我を形成するために、この地球紀に「個」として霊的進化をしつつ、地球全体の惑星としての進化も進んでいるという壮大な物語なのです。

rainbow over sea
Photo by Matt Hardy

生きづらさの統合。ホリスティックアートセラピーでホリスティックに感覚統合を進めるセラピー。コスミックライト社認定ホリスティックアートセラピー講座。動画受講も可能です。

https://www.reservestock.jp/page/event_series/73275

無料メルマガ登録

https://www.reservestock.jp/subscribe/108439

今後のMayumiの活動や執筆活動のファンド、チベタンチルドレンファンドへの寄付なども含め、何か発信内容が有益なものであったと感じる時にドネーションを頂けると幸いです。私の夢は執筆にもっと専念できるようになること。この地球に本当の豊かさの循環をもたらすことができるようなフェアトレード&エシカルビジネスの発展にも力を注いでいきたいと思っています。関わる全ての人に循環を。の願いをこめて。

投稿者: mayumicosmiclight

神奈川県生まれ神奈川県育ち。20代でオーストラリアに移住。 極度の感覚処理障害から精神的な不安定さに悩まされて大人になる。 感覚が全て繋がった状態であるシナスタジア(共感覚)を持つため、学校の勉強は理解できなかったが、大学院でアレゴリーやシンボルについて研究。 博士課程前期終了後、大学の研究員として在籍。 その後、シュタイナーの哲学に惹かれ、シュタイナー教育を学び、シュタイナー学校で手仕事やアートを教える。自閉症スペクトラムや感覚過敏の子どもたちと関わる中で様々なことを学び実践。 現在はCosmic Light Pty Ltdディレクター。 ホリスティックアートセラピー、サウンドセラピー、クリスタルセラピーなどを合わせたホリスティックセラピーを用いて生きづらさや感覚過敏の人たちが、12感覚をバランスよく使い360度の空間を使うことで生きやすさを得るための知識を伝える講座や、身体と感覚、ヴェーディック占星術を合わせて用いた講座などを行っている。地球にも身体にも優しいエシカル商品の販売を日本在住のOfficial Shopオーナーたちと提携してプロデュース。書くことを老後に向けて本業としていくことや、循環のある豊かな地球にしていくための提案をこれからも続けたい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。